出張マッサージ大阪のエムトレンチ

大阪で出張マッサージ、出張エステをご利用ならエムトレンチ

エステで美しくなる方法

お肌の張りを保つために

年齢とともにお肌のハリの衰えを感じている方は多いのではないでしょうか。女性にとってはなかなか認めたくないことですが、事実、年齢とともにハリを保つ効果のあるヒアルロン酸が減少していくのです。しかし、この状況を改善し、お肌のハリを取り戻すことができるのです。その方法としては、まず日常生活の見直しから始まります。美肌を作る重要な要素は「就寝時間」にあります。私たちの細胞は、夜眠っている時に生まれ変わるのです。ご存知でしたか?最適な時間は、夜の22時か26時と言われています。22時に眠ることは難しくても、なるべくこの時間帯に睡眠時間を費やしましょう。そして、次に重要なのは「ストレス」です。イライラやストレスによって、睡眠が浅くなり様々な体調の変化を引き起こすようになります。そして何より肌にとって悪い、自律神経の乱れが起きるのです。これにより肌の代謝機能が低下し、肌の再生力も低下します。上手にストレスを解消させる方法を見つけ、体も心も休めてあげることが大切ですね。次に、見直したいのが「食生活」です。外食ばかりしていたり、夜遅くに食べたり、無理なダイエットが肌に悪影響を及ぼします。外食では塩分、油分、糖分などを必要以上に摂りすぎてしまうことや、夜遅い食事は消化機能に悪影響を及ぼします。最近の若い女性に特に多いのが、ダイエットによる偏った食生活です。偏った食生活は、便秘や血行不良を引き起こし肌に影響を及ぼすのです。何より大切なことは、野菜、お肉や魚、果物などバランスの良い食事をとるように心がけましょう。そして、最後に大切なことは「スキンケア」です。ご自身にあった基礎化粧品を選び、日々のお手入れに努力を惜しまないことが重要です。肌のハリを助けるヒアルロン酸がどのぐらい配合されているのか、その補助成分としてビタミンCなどの成分も確認してください。そして毎日のお手入れで肌の血行を促すマッサージを行ったり、肌にご褒美として定期的にエステなどに通い、専門の方に肌のアドバイスをもらえると参考になりますよ。血行を良くするだけでも、肌内部にたまっている老廃物が流れ、肌のハリとともに顔のラインもスッキリとする効果があるのです。女性は特に肌がキレイにうまれ変わると、若々しく、美しく見えるものです。そうなることで自分に自信が持て、さらに美しくなりたいと思う心が芽生えます。一人でも多くの女性に肌について興味をもってもらい、美しく輝いてほしいです。

また、肌のくすみや目元のくまが目立つようになると、老けた印象や不健康な印象が強くなりますよね。なんとかして改善したいと思っている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、肌のくすみや目元のくまをなくしたいときにすべきこと、をご紹介いたします。疲労や睡眠不足が長く続くと血液やリンパの流れが悪くなり、細胞に必要な酸素や栄養を十分に送り届けることができなくなるので、新陳代謝が悪くなります。このような状態が続くと顔色が悪くなったり、目の周りが青黒くなり、くすみができやすくなります。また、代謝が悪くなると肌の新陳代謝であるターンオーバーのサイクルが乱れ、肌の表面に角質がたまるようになり、くすみが目立つようになるのです。疲労がたまっていたり、睡眠不足が続くときは、なるべく体を休める時間をとり、短時間でも良質な睡眠をとることを心がけましょう。規則正しい生活を心がけることがポイントです。しかし、仕事や家事などで生活がどうしても不規則になってしまう方もいらっしゃいますよね。そのような方は、血行を促進するために入浴でしっかり体を温めたり、マッサージを行うと血行促進に効果的です。ストレッチやウォーキングなど、適度な運動も血行促進に効果があります。古くなった角質を取り除くことでターンオーバーを正常に戻すことができればくすみが目立つことも減るでしょう。くすみが気になるときは、角質を取り除く作用があるピーリングを行うとくすみを改善することができます。ピーリングは、酸を使って角質を溶かすので、肌に刺激があるものもありますが、最近は肌に優しいピーリング剤も多く販売されています。肌が弱い方は肌に合うものを選び、使用してみてはいかがでしょうか。食事を見直すことでも、くすみを改善することができます。ビタミンEや鉄分には血行を促進する作用があり、ビタミンAにはターンオーバーを促進する作用があります。くまやくすみが気になるときは、ビタミンEやビタミンAを多く含む食物を多く摂取することを心がけましょう。普段の食生活の中でこれらの成分を多く摂ることが難しいというときは、サプリメントなどを利用すると手軽に必要な成分を摂ることができます。厳しい食事制限など無理なダイエットもくすみにつながります。ダイエットを行うときは、栄養バランスがとれた食生活と適度な運動などで健康的に行うようにしましょう。メラニン色素が沈着することによりくすみや目元のくまができることもあるので、紫外線には十分に注意したいところです。日差しが強い夏だけでなく、冬でも紫外線は浴びているので、UV対策はしっかり行うようにしましょう。

また、ニキビは、できている最中も見た目が気になりますし、膿んだり赤くはれて痛かったりと、邪魔になってしまいます。さらに、やっと治ったと思ってもきちんと治さないと跡が残ってしまうこともあり、顔の印象にも関わってきます。そのためニキビや吹き出ものは予防すること、悪化させないで早めに治すことが重要になってきます。そのためには肌の環境を整えることが大切です。ニキビや吹き出ものができてしまう原因はいろいろとありますが、多くは皮膚の乾燥や皮脂の過剰分泌によって、毛穴が詰まって雑菌が繁殖してしまうことです。実は皮脂の過剰分泌も、乾燥も、潤い不足が原因なのです。潤いが足りなくなると、肌のバランスが崩れてしまい皮脂だけがどんどんと出るようになります。決して油を取りすぎている生活をしていなくても皮脂が多くなることがあります。また、ニキビや吹き出ものが出てきてからでも、肌のもつ本来のパワーや回復力を維持するには水分は欠かせません。潤いがあってこそ、肌の機能も働くのです。ですので、ニキビができてしまってからでも、肌を潤すことは忘れないようにしましょう。また、出来てしまった場合に必要なことは生活を整えることです。洗顔をしっかりとして清潔を保つことはもちろん、食事のバランスも重要です。特に野菜などのビタミン類を多く摂るように心がけましょう。例えばビタミンBは肌の修復効果があるので、皮膚の調子を整えるには必須の栄養素です。ビタミンBは乳製品や青魚、レバー、キャベツやサツマイモ、鳥も肉などに多く含まれますので、バランスよく食べることが大切です。さらに睡眠も重要です。22時から2時はゴールデンタイムと言い、寝ている間に皮膚の修復や細胞の分裂が活発になる時間帯なのです。その時間に寝ていないと肌が生まれ変わったり、健康な状態に戻るのが遅くなったりすることもあります。さらに、洗顔方法もニキビや吹き出ものをなくするにはカギとなります。汚れや皮脂を落とそうとするばかりに、強く擦ったり何度も洗顔したりしがちです。しかし、洗えば洗うほどいいわけはなく、必要な皮脂を残しておかなくてはなりません。皮脂は適量ならば肌のガード役になるのです。刺激から守ったり、保湿の意味もあります。ですから、洗いすぎると肌の必要な水分も蒸発してしまい、肌荒れの原因になってしまいます。ですから、毛穴の奥の汚れはしっかりと洗いながらもソフトに洗う事を心掛けましょう。このように綺麗な肌にするためにはポイントを押さえつつ、生活を見直すことが第一です。

睡眠と美容の関係

皆さんは美しさの追求のために高額な化粧品を買ったり、ダイエット器具にお金を費やしたりした経験はありませんか?もちろん適度な運動や健康的な食事、日常的なスキンケアは美しさのためには欠かせないので、本当に必要だと思ったなら出費も仕方ないでしょう。しかし、美容にはもうひとつ意外なものが重要なのです。それが「深い眠り」です。深い眠りとは、すなわち質の良い眠りのことでしょう。 眠りにはレム睡眠とノンレム睡眠の2つの種類があります。レム睡眠とは身体は眠っているけれど、脳がはたいている状態です。レム睡眠状態であっても筋肉の疲労は回復されます。しかし、脳は起きているため小さな物音で目が覚めてしまったり、金縛りにあいやすい状態になってしまうのです。居眠りなどの10分から20分程度の眠りであれば、ノンレム睡眠に陥らずにレム睡眠のみで終わっている場合がほとんどでしょう。一方で、ノンレム睡眠は脳も身体も完全に眠っている状態です。この睡眠時間にこそストレスの解消、ホルモンの分泌が行われています。また脳も休んでいる状態のため、ノンレム睡眠の場合は夢を見る事もありません。しっかり寝たつもりでも、実際は、連続した3時間以上のノンレム睡眠状態を、しっかりと確保できていない場合では、あまり質の良い眠りがとれていないことになります。なんとなく眠りが浅いと感じる方や、朝起きると疲れやだるさが残っている方は眠りの質に問題があると言えるでしょう。そういう場合には就寝前に寝ながら腹式呼吸をする習慣をつけるべきです。ゆっくり腹式呼吸をすることで、体の重心が落ちていく感覚を感じられるようになります。寝る際に川や火、森など自然な音をバックグラウンドミュージックとして流す事も効果的だと言えるでしょう。ノンレム睡眠を確保するためには心身共にリラックスした状態で入眠することが大切なので、パソコンやスマホなどで神経を興奮させるようなものは控えるべきです。また食事をした直後は消化のために体が休まりませんので、食事を終えてから最低でも2時間は空けてからベッドへ移動するよう心掛けましょう。美しくなるためには食事も運動も必要です。そこに質の良い眠りである「休息」をプラスすることでより「美」に近づくことが出来るでしょう。精神的な健康はもちろん、肌を休ませる為にも「睡眠」は必要不可欠なのです。みなさん忙しい毎日をおすごしでしょうが、ぜひ一度「美」のために休息をしっかりととってみてはいかがでしょうか?

美しい姿勢とは

美しい女性に共通していえることは、ピンと伸びた背筋や自信に満ち溢れた雰囲気などです。美しくなる為に整った顔は、必ずしも必要ではないのです。「姿勢を正す」ということは簡単なことのように思いますが、この状態を常日頃から意識してキープすることは意外と難しいことなのです。最初こそ疲れてしまうかもしれませんが、それが通常の姿勢になることで疲れも次第に感じなくなってきます。姿勢を正して生活していると、ボディラインにも変化が出てきます。女性らしさの象徴である「曲線」も正しい姿勢になることでより強調されます。鏡の前に立ち、自分の姿勢を正してみましょう。背骨をまっすぐにして、胸を張って立つだけで胸のライン、ヒップのラインが柔らかな曲線を描いていませんか。このS字カーブは女性らしさの象徴だとされています。また正面から見た時であってもS字、逆S字になっていますか。「丸み」というのは女性特有の体型であるため、日頃から鏡で確認すると良いでしょう。駅で電車を待っているとき、車を運転しているときなどでも「カーブ」を意識することで姿勢が整えられます。もうひとつ、鎖骨も女性ならではのポイントです。両手を「前にならえ」とすると、鎖骨あたりにくぼみはきちんと出来ていますか。その状態で指三本分の第一関節がそのくぼみに収まれば、それは究極の美であることを意味します。世界三大美女として有名なクレオパトラにも共通した、美の必須条件だとされています。夏になれば首回りがあいた服を着ますが、その際にさりげなく鎖骨を見せる事で周囲の方々に女性らしさをアピールすることができます。最後に、完璧な魅せる体にするためには清潔感を忘れないようにしましょう。肌が乾燥していて皮膚が剥がれてきている、などの事態はくれぐれも避けてください。かかと、ひじやひざなどは肌荒れが起こりやすい部分です。お風呂上がりや洗顔後にクリームやオイルで保湿を行いましょう。乾燥肌の方である場合は、クリームやオイルを塗った上にサランラップなどで覆って5分程度放置しましょう。より成分が浸透するため、効果の持続が期待できます。「魅せる体」とは、一日で手に入るものではありません。まずは、毎日鏡の前に立ちましょう。下着だけをつけた状態で自分自身を確認することで、自分の改善すべき場所が把握できます。また小さな変化にも気がつくようになってくるため、自分自身に対する意識を高める事にもつながることは間違いありません。そして体を洗浄した後は保湿をしっかりしましょう。見られて美しい、触っても美しい「魅せる」体をぜひ手に入れましょう。

冷え性に対して

冬の寒い時期に足先が冷たくなって神経が通っていないような感覚になり、布団に入っても一向に暖かくならない状態を経験したことのある方は少なからずいると思います。その症状はまさに末端冷え性です。末端冷え性とは手足の末端に血液が回っていない状態で、体温を保つための熱が作られていないため足先や手先が冷たくなってしまうのです。よく勘違いされることなのですが、直接的に冷え切っている足先や手先を温めようと思っても根本的解決にはなりません。改善をするには、体温を作り出す熱を生み出す体を作る必要があります。体温を調節しているのは、交感神経と副交感神経の2つの神経からなる自律神経です。過度のストレスによって冷え性が起こるというのも、自律神経が理由とされています。交感神経を休めるには、副交換神経を意識的に働かせることが大切です。副交感神経はリラックスをすることで活発化しますので、落ち着いた音楽を聴いてゆっくりしたり、ペットと過ごしてみたり、お風呂で体を温めてみたりするというのは大切な時間です。日々のストレスを解消する時間を設けることで、原因となる血流の悪さが解消されていくでしょう。しかしストレスだけが問題ということは少なく、食生活の見直しをしていくことが簡易で良好な手段です。栄養素の中でもたんぱく質は熱の材料となりますので、積極的に摂取すべきです。たんぱく質は具体的には大豆や肉類、魚や卵などに多く含まれています。また筋肉を増やし基礎代謝を上げることも効果があり、トレーニングに加えてたんぱく質を取ることで冷え性には効果てきめんです。筋肉は血液を全身に送る、ポンプのような働きをします。男性よりも筋肉量が少ない女性に多く見られるのは、これが理由です。突然強度の高いトレーニングを行うと、膝や腰などの関節部分を痛める場合があるため十分にストレッチを行い、突然ランニングなどは行わずウォーキングなどの軽い運動から始めると良いでしょう。運動不足は多くの病気の大敵とされていますが、冷え性の場合それは顕著であり、普段から運動をしないと血行が悪くなり、血管にきちんと血液が回らず老廃物が蓄積されます。もしウォーキングなどの軽い運動が続かないのであれば、足先や手先を動かしてみるだけでも効果が現れますよ。繰り返し行っていくことで少しずつ改善できるでしょう。すぐに温かくなっていく効果が出るので、仕事中や寝る前などの行ってみてくださいね。すぐに温かくなっていく効果が出るので、仕事中や寝る前などの行ってみてくださいね。

 

セラピスト出勤情報はこちらです
セラピストもプライベートも満載
スタッフの求人情報はこちらです
随時面接を実施しております!
080-4706-2014 >>
営業:18:00~深夜5:00(受付3時)
お気軽にお問い合わせください
080-4706-2014