出張マッサージ大阪のエムトレンチ

大阪で出張マッサージ、出張エステをご利用ならエムトレンチ

ダイエットに大切なこと

セルライトについて

太ももやヒップなどに、ぼこぼこしたセルライトがあり悩んでいませんか? 実はセルライトは、太っているからできるというものではなく、 女性の約8割もの人が抱えるものなのです。ですから、痩せているから大丈夫と安心している方も もしかするとセルライトができているかもしれませんよ。 全体的には細いけど どれだけ頑張っても下半身が細くならないというような方は セルライトである可能性が高いです。ではこのセルライトはどうしてできるのでしょうか。 実はセルライトができる一番の原因は冷えなのです。 太ももやおしりを触って冷たいと感じたことはありませんか?冷えている場合はセルライトがある可能性が高いです。 セルライトは肥大化した皮下脂肪のことなのですが、 冷えると代謝が低くなるため血行が滞り老廃物が停滞して排出されなくなります。不要な水分や老廃物が脂肪細胞にたまり、 これらが結果的に皮下脂肪になってしまうのです。 皮下脂肪は毛細血管のまわりについていますので、 皮下脂肪が大きくなることで血管やリンパ管を圧迫し 血行不良がおこってしまいます。ですから、一度セルライトができると冷えやすい体になり、 またセルライトができるという悪循環に陥ってしまうというわけです。しかしこのようなやっかいなセルライトも体を温めることで、 血行を良くして解消することができます。 血行をよくするにはリンパマッサージが効果的です。リンパを流すことで老廃物の排出を促すことが可能なのです。 お風呂などの身体が芯から温まった場所でリンパマッサージをするとより効果が期待できます。太ももやヒップなどセルライトが出来ている箇所はもちろん温める必要がありますが 子宮などの臓器の冷えも解消しなければならないので、芯から温まる場所が重要になるというわけです。一見、臓器は全く関係ないように思えても 臓器の冷えは全体の冷えにつながるので覚えておいてくださいね。むくみをずっと放置しておくとセルライトになりかねませんので 一番良いのはセルライトになる前にむくみを解消することなのですが セルライトになった場合も地道に頑張ることで取り除くことは可能です。セルライトを除去する一番の近道は 冷えを改善することですので、 リンパマッサージや食生活を改善するように心がけましょう。両方とも、即効性はありませんので効果がないと思い すぐにあきらめる方もいますが、継続することで セルライトが減っていることが確認できるはずですよ。セルライトを解消して美しい下半身を手に入れましょうね。

健康食も適切な量を大切に

ダイエットをして痩せたい、という人はたくさんいます。しかし、間食が止められないと言う人も多いはずです。そんなときにおすすめなのが、ナッツやドライフルーツです。ナッツやドライフルーツは、美容に良い栄養素がたくさん含まれており、ビタミン類や鉄分、むくみをとってくれるカリウムなどがたっぷり含まれているのです。しかし、ナッツやドライフルーツは共にカロリーが高いため、いくら美容に良い成分が含まれていても、食べ過ぎてしまっては努力が台無しになってしまいます。特にドライフルーツは乾燥することで甘みを凝縮されているため、糖分が生のフルーツよりも多いのでより注意が必要です。ドライフルーツは間食というよりは、お菓子という立派な「食事」として召し上がった方が賢明です。健康に良いものを食べるとしても、適量を小腹が空いたときに食べる、と言うのがおすすめの習慣だと言えます。また、食べる時間も重要になってきます。15時は脂肪を溜め込みにくいゴールデンタイムだと言われているので、おやつの時間につまむ程度の間食が良いと言えるでしょう。だらだら食べない、満足感を得やすい温かい飲み物と一緒に食べるなどのルールを守ることが大切です。しかし夜遅くまで勉強や仕事をしていると、どうしても何かつまみたくなってしまうものです。夜食としてオススメな食べ物はチーズやスープです。チーズはタンパク質であるため、効率よく消化されます。スープは温かいものを飲む事で、体も温める事につながるでしょう。この際クリームスープは炭水化物となってしまうので、コンソメスープなどあっさりしているものを飲むよう心掛けましょう。人間の体は消化を終えないうちに新たにものを摂取してしまうと、脂肪を燃焼しにくい作りになっています。そのため食後3時間、そして就寝前の2時間は極力食べる事は避けましょう。上記で紹介した夜食であっても、寝る時間まで期間を空けなければ消化がしっかりと行われず、眠りの質も落ちてしまうので悪循環となります。あくまでもおやつは食事との間のつなぎで、夜食は空腹しのぎです。食事を減らすとストレスで間食の量が増えてしまいます。ですから食事でしっかりと栄養を摂ることを意識するようにしましょう。健康的に痩せたい場合には炭水化物の摂取を抑えて、卵、魚や肉などのタンパク質を取るようにしましょう。食物繊維やミネラルもしっかりと摂取することで、より健康的にダイエットを成功することができるでしょう。様々なダイエット法がありますが、やはり適量の食事と運動が一番の近道だということは忘れずにいましょう。

デトックス効果のある食べ物

近年若い人たちに流行のデトックス効果。今回はデトックス効果がある食べ物についてご紹介します。そもそもデトックスとは何でしょうか。体内に溜まった毒物を排出させることで、 この呼び名。ではある程度ご理解いただけましたが、 効果としては新陳代謝が上がり、血液やリンパの流れをスムーズに行う事で、余分な物の排出が行えるので 美肌づくり、老化防止、肩凝り・むくみ解消、風邪予防、便秘・不眠症解消、ストレス緩和、アレルギー体質改善等の効果に期待があります。ではいったいその様な食べ物はあるのでしょうか。1つ目は新鮮な野菜&果物です。酵素は48℃で2時間、50℃で2分以上加熱すると死活してしまうので、生で摂るか発酵食品で摂るかになります。野菜や果物は生のまま食べるか、ジュースやサラダにしましょう。果物は食後ではなく食前に摂るか、朝食やおやつとして単体で摂ることです。食後に果物を食べると、ご飯やおかずに邪魔され、消化の早い果物の酵素は胃酸に負けてデトックス効果を発揮することができません。2つ目は海藻&海苔です。 海藻類にも上質な酵素が豊富に含まれていますよね。スーパーなどで購入する際は表示を見て、非加熱かどうかを確かめるようにして下さい。海藻類には、酵素以外にもミネラルやビタミンがたっぷり含まれているだけでなく、果物には少ないカルシウムが豊富なのでデトックス食材としておススメです。3つ目は発酵食品です。生の野菜や果物と同じく、酵素が豊富な食材に発酵食品があります。生の食材は、カラダの中に入ることで消化酵素として働き始めますが、発酵食品の場合はすでにカラダの中に入る前から、消化活動を下準備が整っている食材です。4つ目はナッツ類です。ナッツと言えば、日本ではローストしたものがほとんどですが、生のナッツ類にはミネラルやビタミン、食物繊維をはじめ、ナッツに含まれる油には一価不飽和脂肪酸やαリノレン酸を豊富に含んでいます。ローストしたナッツは酵素抑制物質が含まれていますが、生のナッツを水に浸すことでこの物質は消滅し、生の野菜や果物より酵素の効果は高まります。最近ではローフードを扱うショップなどで購入することができますので、是非、チャレンジしてみて下さい。5つ目はドライフルーツです。ドライフルーツはヨーグルトと相性バツグンなので、朝食やおやつ代わりにドライフルーツを加えたヨーグルトがおススメとなります。フルーツには食物繊維が多く、天日に干すことで栄養成分が凝縮され、デトックス効果が高まります。またデトックス効果以外にも、あんずならむくみ、プルーンは便秘、いちじくは貧血、クランベリーは膀胱炎と、女性にとってうれしい効果がたくさんあるでしょう 。もし自宅でフルーツを天日干しするなら2~3時間干しただけでも、生より栄養分が濃くなりますので試してみて下さいね。

また、下剤を使用するほどに頑固な便秘に悩まされているという方もいらっしゃるでしょう。しかし普段の食事で便秘に効く食べ物を摂取する事で、便秘解消につながるんですよ。便秘解消のポイントの一つとしては、水溶性・不溶性の食物繊維をバランスよく摂取する事です。そして不溶性食物繊維には水分を吸収して便のかさを増加させる事で、腸の動きを良くさせる作用があります。ただ不溶性食物繊維に関しては、水分をしっかりと摂取しなければ逆に便が硬くなって、便を排出しにくい状態になるので注意が必要です。そのため、食物繊維はちゃんと摂っているのに便秘が解消されない、という人は水分不足の可能性が考えられます。水溶性・不溶性の食物繊維は1:2の割合で摂取するのがベストバランスと言われています。ですから、水溶性・不溶性食物繊維はバランスを考慮して摂取する必要があります。水溶性食物繊維はフルーツや海藻類などに多く含まれており、不溶性食物繊維はゴボウなどの根菜類や豆類に多く含まれていますよ。食物繊維を豊富に含む食べ物の中でも、プルーンは水溶性・不溶性食物繊維をどちらも含んでいます。さらに、便秘薬の原料としても使われている成分も含んでいるので、特に便秘解消に効果的ですよ。バナナやゴボウなどの食材は、食物繊維以外にもオリゴ糖を含んでいます。オリゴ糖は腸の動きを活性化させる善玉菌のエサになるため、非常に効果的です。また乳酸菌も善玉菌を増やして腸の動きを活性化させるので、植物性乳酸菌を多く含む納豆などの食材も、積極的に摂るようにした方が良いでしょう。ただ不溶性食物繊維の効果を発揮させるためにも、水分補給を十分に行う事がポイントです。不溶性・水溶性の食物繊維の摂取量が偏らないように気を付ける事が、便秘解消の秘訣ですよ。食物繊維と合わせて摂取したいのが善玉菌を増加させて腸内環境を整える働きのある乳酸菌ですが、乳酸菌と言えばヨーグルトをイメージする方が多いでしょう。ヨーグルトを選ぶ際は乳酸菌が腸まで生きて届くタイプが便秘には効果的ですし、オリゴ糖や食物繊維を多く含むフルーツと組み合わせて食べるのも効果的ですよ。他にも腸の動きを活性化させたり排便をスムーズにさせる作用がある、オレイン酸を含むオリーブオイル、便秘に効くと言われるフラボノイド類を豊富に含むドクダミ茶などもありますから試してみると良いかもしれません。

体の内側からきれいになる

一年の中でも冬は乾燥が強く、念入りなスキンケアだけではなかなか改善がしにくいので食べ物からも補いましょう。冬に美味しい野菜は多いのですがお薦めはブロッコリーやアスパラガスなどを食事に取り入れる事です。ブロッコリーはビタミンCが多く含まれており一度に食べられる量が多いためビタミンCを摂取するのに優秀な野菜です。他にもカロテン・ビタミンB群・E・U、食物繊維を多く含んでいて貧血予防、便秘解消に役立ちます。アスパラガスはビタミンB群、アスバラギン酸、ルチンが含まれており疲労回復、血管を丈夫にします。茹でても栄養分が変わらない野菜です。その他には冬のニンジンは栄養価が高くβカロチンが多く茹でると1.6倍になると言われています。仕事が忙しかったり予定が多く冬はなにかと食事も不規則になりがちです。暖かいスープなどで体を冷やさない事も大事なので野菜をたっぷり入れたスープを作り置きして毎日飲むようにすると身体の内側からケアする事ができます。また、冬場は太りやすいと感じている人は多くいらっしゃいます。ところが実際には冬場は、代謝が上がるので痩せやすいシーズンとも言えるのです。それでも太っているように見えるのであればもしかしたら、むくみによって太って見えている可能性があります。むくみは塩分のとりすぎなどで一時的に水分代謝が落ちてむくんでしまうこともありますが、それだけではなく血行不良で陥ってしまうこともあります。立ち仕事で水分が下に下がってしまい足がむくんでしまうケースや、デスクワークで重たい上半身が太ももを圧迫してうっ血してむくんでしまうこともあります。むくみは見た目も足や顔が太って見えてしまいますが、だるさも伴うのでつらい症状です。リンパマッサージやエステでむくみを除去してはいかがでしょうか?セラピストのオイルマッサージはリンパの流れを促進して老廃物や水分の代謝をアップしてくれるのでむくみ解消に高い効果を発揮してくれます。すっきりした小顔や、ほっそりとしたカラータイツの似合う足になることができます。

寒いと感じた時には体は冷えている

以前は女性に多い症状でしたが、最近は冷えに悩む男性も増えています。冷房の普及や食生活の乱れ、運動不足など原因は様々ですが、冷えに悩む人の数は確実に増えています。明確な自覚症状がなくても、寒いと感じている場合身体の芯から冷えている可能性があります。「冷えは万病のもと」といわれ、様々な不調の原因となります。そうなる前に予防を行いましょう。予防というと難しそうですが、暖かい飲み物を飲むだけでも冷えを除去する事が出来ます。お薦めは、暖かい烏龍茶やココア。生姜たっぷりの生姜湯も効果があります。生姜に含まれるショウガオールという成分が血行を促進し、身体を温めてくれます。意外なところでは赤ワイン。適量を心がけてお試し下さい。注意が必要なのがコーヒー。赤道直下が原産地であるコーヒーには身体を冷やす特性があります。たとえホットコーヒーでも身体を冷やしてしまうので、冷え性対策には不向きな飲み物です。「冷え」はただ体が冷たくなるだけではありません。 実はとても怖いものなのです。今回はそんな「冷え」が引き起こす病気についてご紹介いたします。 体が冷えると寒くて寝れず不眠症になってしまう方や 女性の場合だと生理痛がひどくなったりというような症状がでてしまいます。これは血行が悪くなってしまうことが原因です。 さらには膀胱炎にもなってしまう可能性があります。 膀胱の粘膜は体温より高めの温度であるため 細菌が入り込んでも抵抗力により最近の感染を防ぐことができます。けれども、体の冷えると粘膜の温度も下がってしまいますので、 抵抗力が弱ってしまい細菌が増殖してしまうのです。粘膜の温度が通常の状態であれば、膀胱炎になる確率は低くなりますので 下半身の冷えには注意しましょう。また、近年は花粉症はシックハウス症候群といったアレルギーや アトピーなどの症状が多く見られます。 アレルギーやアトピーが治らないと悩んでいる方も 冷えが原因かもしれません。冷えは免疫や代謝機能が低下してしまいます。 免疫機能が低下すると害のないものにも過剰に反応してしまい これにより湿疹などがでてしまうのです。免疫機能の過剰な反応は自律神経がくるってしまっていることが 原因ですからやはり体の冷えを取り除かねばなりません。アレルギー・アトピーを治すためには自律神経を通常の状態に戻し 冷えを治す必要があるのです。 そして、日本人の一番自覚症状がある病気は肩こりだということをご存知でしょうか?実はこの肩こりも「冷え」が原因の可能性があるのです 通常の肩こりは筋肉の緊張が続き、血管が圧迫されて血流が悪くなることで、 疲労物質が筋肉中にたまり引き起こされます。一方で、「冷え」からくる肩こりは 体が冷えますので、自律神経がくるってしまい 血流が流れにくくなってしまいます。そうすると疲労物質がたまってしまいますので 肩こりが引き起こされるというわけです。 秋や冬になってから肩こりがひどくなった方や だるくなった方、 またお風呂に入るとその時は痛みが軽減される方は 「冷え」による肩こりを疑った方が良いかもしれません。軽いストレッチでリンパを流したり 生活習慣の改善をすることで「冷え」は改善することが可能ですので 上記のような症状が見られる方も決してあきらめてはなりません。冷えは万病の元というように今回ご紹介した病気以外にも 様々な症状が見られますので、「冷え」をつくらないように 寒い季節を乗り越えましょうね。

セラピスト出勤情報はこちらです
セラピストもプライベートも満載
スタッフの求人情報はこちらです
随時面接を実施しております!
080-4706-2014 >>
営業:18:00~深夜5:00(受付3時)
お気軽にお問い合わせください
080-4706-2014