大阪の出張マッサージはエムトレンチへ|大阪市内は出張費無料

大阪市を中心に出張マッサージをご利用ならエムトレンチ。リラクゼーションマッサージをホテルやご自宅にお届けします。大阪市内は交通費無料です。

マッサージは医療行為なのか?リラクゼーションなのか?

この記事は「マッサージが医療行為に当たるのか、また、リラクゼーションとの線引きはどこなのか」というテーマについて説明していきます。

まず、「マッサージ」という行為は現在の法律では、「あんまマッサージ師、はり師、きゅう師に関する法律」で規定される医療行為に当たるという事をふれておきます。これは、簡単に言うと、上記の国家資格がなくマッサージを行い治療をしてはいけないという事になっています。ポイントは、治療目的かどうかが重要と一般的に解釈されていますが、より具体的には、なんらかの症状の改善を患者様に説明や期待をさせ、手技を用いて行う行為自体のことを指すものである。また一般的には医師の同意のもとで保険請求を行うことを前提にしています。(自由診療として保険請求を行わない場合もありますが)要するに、症状改善目的の治療ではなく、あくまでリラクゼーションが目的となれば、この医療行為に当たらないという解釈が妥当と考えて良いと思います。さらには、実際に保険請求する場合には医師の同意(同意書)が必要となるわけです。

よく勘違いしている事として、「マッサージ」や「指圧」という言葉自体を使うだけで法律違反になると恐れておられる方が多いように思いますが、その言葉を使うだけで一発アウトという事にはならないです。重要なのはその行為自体に対して権限を与えた法律で、いわゆる「業務独占」の権限をもっているという事です。業務独占は、その行為自体に対しての権限の話になります。(名称独占は例えば医師や看護師などに与えられた権限で、その資格名称を名乗るためにはライセンスが必要です)また、行為自体というのは、あくまでマッサージ師として、治療目的で行うマッサージとなりますので、リラクゼーションと付け加えるだけで治療とは別のものであると厚生省も見解していることから、実質業務独占になっていないのが現状です。

ですから、リラクゼーションを目的に行われる際は、注意点として症状の改善を説明しながらの行為は避けるべきでしょう。一番使われるワードとしては、「リンパを改善」「血行改善」「むくみ改善」などです。ただし、あくまで個人レベルでの行為で訴訟問題に発展するという事は現実的ではないと思います。よって上記の注意点を把握したうえで、自信をもってリラクゼーションマッサージを職業として働いて頂きたいと考えます。

ちなみに、近年のリラクゼーションの普及は著しく、以前はリラクゼーションという言葉はどこにも属さない業種であったのですが、平成25年には経済産業省の職業分類にて「リラクゼーション業」が新設されております。

職種として認められている立派な職業というわけですね。

是非エムトレンチのスタッフの一員としてお店を盛り上げていただければ幸いです。少しでも興味がある方はお気軽にご連絡くださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

セラピスト出勤情報はこちらです
セラピストもプライベートも満載
スタッフの求人情報はこちらです
随時面接を実施しております!
080-4706-2014 >>
営業:18:00~深夜5:00(受付3時)
お気軽にお問い合わせください