出張マッサージ大阪のエムトレンチ

大阪で出張マッサージ、出張エステをご利用ならエムトレンチ

健康とストレスの関係

イライラとストレスについて

誰しも一度は嫌なことが重なり、イライラした1日を過ごしたことがあるのではないでしょうか。現代では常に色々な情報が飛び交い、人間関係も複雑になり、ストレス社会と言われていますよね。ストレス故に、ちょっとしたことですぐイライラしてしまうという方もいらっしゃるでしょう。しかし、イライラすることでデメリットが生じることがあるのです。ある程度のイライラ体質は改善できると思いますが、まず原因を自覚し、生活環境を整えることが大切になります。イライラすることのデメリットとしては、精神衛生的に良くないことです。イライラした感情は精神的にも楽にならず、ずっと張り詰めた状態になってしまいます。そして、集中できず今を楽しめないこと。イライラせずに、楽しんでおけばよかた…と後悔したことはありませんか?時間は戻らないので、楽しいはずの瞬間をイライラして過ごすのはもったいないですよね。そして、対人トラブルを起こしてしまうことです。時には傷つけあいに発展してしまうこともあるでしょう。傷つけあいからは憎しみしか生まれませんよね。また、自分の心も疲弊させ単純ミスやケガ、事故などを招きやすい事などが考えられます。今はイライラによる怒りを収めるための本なども、たくさん出版されています。リラクゼーションや趣味に没頭し、無になる時間を作ることは、ストレスを緩和するには効果的な方法ですが、肝心なのは簡単には解決できない深い問題です。自覚できない、認めたくない感情はなかなか遠ざかってくれません。おおよその人は顔に不機嫌さが現れ、それは周りの空気を汚染します。言葉に棘が出て、行動も乱暴になってしまいます。思いやりという配慮が欠けているため、だんだん人と距離や溝ができてしまいます。イライラすることは決して楽しくないのに悪循環ですね。ストレスはある意味人の心を強くしますが、感情が滞ると様々な障害を巻き起こします。うつ病患者は増加の一途、精神障害はすでに5大生活習慣病に数えられています。私たちは本来、穏やかな気分で過ごしたいと感じているはずです。しかし、日々の目まぐるしい生活に追われると、余裕がなくなり少しの事でトラブルに発展します。言い争いなどは相手の感情と自分の感情が同じ濃度で高まった結果起こりやすくなります。一方に余裕があれば、なんとか解決できることでしょうが、売り言葉に買い言葉で罵り合い、その結果溝を深め気まずくなることも見受けられます。後々考えると、気まずくなって疎遠になった友人とのやり取りは、お互いの精神状態が弱まっていた状態の時だったとも思えませんか?わだかまりが残っている時期に会っても、互いに楽しい気分にはなりません。イライラせずに過ごせると一番ですが、イライラしているときは相手を思いやることをより一層心掛けてみてください。

ストレスとホルモン

慢性的なお腹のハリに悩まされている方は、最近多くなってきているようです。お腹のハリはずっと苦しい感じが続くので、できれば改善したいですよね。一度慢性的になると解消しないかぎり何度も繰り返すことになってしまい、きちんとした解消法が必要となります。しかし原因は様々で、体質的な面による問題もありますし、食生活などの生活習慣が原因の場合も多くあります。その中でも最も原因として多いものが便秘であり、体内に便が溜まることによってガスが作られやすくなります。腸に負担のかかる食べ過ぎや暴飲暴食による食生活、運動不足やストレスなどの生活習慣が原因になっている場合が多いです。また特に問題になる習慣として、食事をする際に空気を一緒に飲み込む癖などがあります。空気を一緒に飲み込んでいるつもりはなくても、食事後はゲップが出ますよね。ゲップが出るということは、空気を飲み込んでいるということです。これはストレスによっても生じやすいので注意が必要です。ストレスが溜まることによって腸の機能がうまく働かなくなり、体外にガスを排出する量が減ることでハリを感じてしまいます。女性ホルモンのバランスが崩れても、腸がむくんでしまい正常な働きをしなくなってガスが必要以上につくられることがあります。他にもおならを我慢したりすると、ガスが溜まってしまいます。食べ物によってもガスが増えやすいものがあり、いも類は消化に時間がかかってしまう食べ物でガスの発生量も増えてしまいます。また炭酸飲料は炭酸ガスが腸内に増え、元々の腸内に発生するガスと合わさりハリを感じてしまいます。たまに痛みをともなうお腹のハリがあり、そういったものは思いがけない病気が潜んでいる場合もあります。大腸がんや腸閉塞といった深刻なものから、過敏性腸症候群が現代人に多く起きています。ストレスとの関連性が指摘されている病気ですが、いまだにはっきりとした原因や解消法がわかっていません。もし、何日もお腹のハリを感じているのであれば、病院に行き受診することをお勧めします。他にも生理前や妊娠初期には子宮と卵巣の活動が活発になり、お腹のハリが生じる可能性があります。このように原因が多くあり対処方法はそれぞれ異なっています。腸内環境を整える必要があるので・乳酸菌を摂取する・薬を活用する・運動やストレスを解消していくといった地道な努力を行い、自分自身に向き合っていくことが対策となります。一時的に回復する必要のある場合は、お腹の張っている部分を温めて腸の働きを活発にすることで解消される場合もあります。普段からシャワーではなく、入浴をすると予防することもできますのでお薦めですよ。

セラピスト出勤情報はこちらです
セラピストもプライベートも満載
スタッフの求人情報はこちらです
随時面接を実施しております!
080-4706-2014 >>
営業:18:00~深夜5:00(受付3時)
お気軽にお問い合わせください
080-4706-2014